スタッフブログ

2019年08月20日:残暑見舞い申し上げます!

 

暦の上では秋になったとはいえ、厳しい暑さが続いております…!!

体調など崩されていませんか?

今年も海の日から始まったプールの早朝利用のおかげですっかり早寝早起きになりました、プール担当藤田です。

今回は相談を受けることも多い、ゴーグルについてお話ししたいと思います。

 

ゴーグルをして泳いでいるのに水が入ってくる…!!

子どもの教室に入っていると、水が入ってくるからゴーグルをきつくしてほしい!

買ったばかりなのに、水の入るゴーグルは買い換えたほうが良いのではないか?

というようなお声をよく聞きます。

 

勿論、ゴムの劣化やアイカップの幅が合っていないなどの原因もありますが、

ほぼほぼ99%ゴーグルが悪い訳ではないのです。

ゴーグルを着ける位置が悪いのです。

たこ焼き先生に協力いただきましたので、まずはこちらをご覧ください。

ゴムの位置が水泳帽子よりもかなり下にありますね。

これだと、眼のカップの部分がしっかりと顔に密着しない角度になってしまいます。

スタートした瞬間にゴーグルに水が入るパターンです。

 

では、どのくらいの角度が良いのでしょうか?

ということでこちら↓

後頭部のゴムは頭のてっぺんとうなじの間くらい

これだと目のカップの部分がしっかりと顔に密着します!

ほぼ水は入りません。

 

皆さま、ゴーグルの眼の部分は気にしますが、後頭部にあるゴムの位置はあまり気にされていません。

もし水が入りやすいという方がいらっしゃったら、この方法を試してみてくださいね!

 

試す場所はもちろん上井草スポーツセンターで!!

皆さまのご利用お待ちしております!!

 

<一覧へ戻る>