スタッフブログ

2014年10月14日:消火設備

日頃から上井草スポーツセンターをご利用いただきありがとうございます。
設備管理担当の小嶋正紀です。

今回は消防訓練が多く行われる10月にちなんで上井草スポーツセンターの消火設備の一部、館内の「泡消火設備」についてご説明致します。

駐車場をご利用される際に、駐車場パレットの天井を見て頂くと全てのパレット上に
金属の丸い網目のようなものが見えます。
これは「噴霧ヘッド」と言います。

図①

またその近くに「熱感知器」が設置されています。
火災が起きると「熱感知器」が働き、信号を自動火災報知設備に送り非常放送設備から火災メッセージが館内に放送されます。

 

それと同時に閉鎖型スプリンクラーヘッドの感熱体が熱で溶けて放水、

図②

配管内の水圧が下り湿式流水検知装置の圧力検知器が働き消火ポンプが起動します。

図③

消火ポンプが起動すると槽内から水を吸い上げてお相撲さん(稀勢の里)みたいな大きな泡用薬剤タンクに水が運ばれそのタンクの中の泡用薬剤と混合して配管を通り噴霧ヘッドから泡を放出し窒息消火します。

図④

 

上井草スポーツセンターには各種消防設備が設置されていますが火災の際、正常に機能するよう日頃から点検を行っています。
また、年2回専門業者にて点検を実施しています。

これからもお客様に安心して館内施設をご利用頂けるよう日々努力して頑張っていきますのでよろしくお願いします。

 

図⑤

 

<一覧へ戻る>