スタッフブログ

2016年08月23日:さまざまな経験

皆さん、こんにちは。
上井草スポーツセンター FC東京の森元です。

リオ デ ジャネイロ オリンピックが閉幕しました。
普段から割とスポーツは職業柄、気になって観戦する方ではありますが、それでもやはり普段よりも様々なスポーツを観る機会が増えたこの数週間でした。
一流の選手たちのみせる技や、その気迫(メンタリティー)に、驚き、感動しながらも、まったくもって無責任に「あれこれ」発言できる観戦は、改めてスポーツって面白いなと思いました。

写真①

 

今回のオリンピックにFC東京から参加した「室屋選手」「中島選手」も、味の素スタジアムのピッチで躍動しています。
IMG_0880

ぜひ、皆さんもこの機会にご自身で参加する「する」スポーツに加えて、「観る」スポーツ=スポーツ観戦も続けてみてくださいね。
さて、8月も残すところあと1週間余りです。
子どもたちの夏休みも終わり、サッカースクールで再び元気な笑顔に会えるのが今から楽しみです。
なぜかというと、夏休みを超えると子どもたちはガラッと変わります。
変わるポイントは、子どもそれぞれなのですが、子どもたちにとっての一ヵ月は、大人のそれとは違い、ものすごく子どもたちに影響を与えるようです。
推測ですが、普段(学校生活や幼稚園・保育園生活)では経験しない夏休みならではの経験が子どもたちを成長させるのだと思います。

やはりこの時期に様々な体験や刺激をたくさん得ることが子どもたちには大切なんだなと思います。
これからも、子どもたちの成長に係れるように頑張っていきたいと思います。

9月には、
「わいわいサッカー広場」…小学生を対象に、学年を超えてみんなで一緒にスポーツ・サッカーを楽しむプログラム
「放課後エンジョイフットボール」…集まった仲間でチームをつくり、サッカーの試合を行います
「親子サッカー教室」…親子で協力しながら、一緒にサッカーのトレーニング・試合に取り組みます
「親子で学ぼう~食事と運動の大切さ~」…講義と実技を通して、この時期の「食事と運動」の大切さを身につけます
「幼児と児童のボール運動教室」…ドイツ生まれのプログラムに沿って、遊びの中でスポーツに必要な能力を育てます

写真④

 

写真③

 

と子ども向けの様々なプログラムを実施します。

詳しくは、ホームページ「9月のサッカーイベント情報」をご確認ください。

皆さまのご参加お待ちしています。

<一覧へ戻る>