スタッフブログ

2012年11月20日:上井草スポーツセンターに設置されている設備紹介
朝晩めっきり寒くなり木々の葉も散り始め初冬の装いになっていました。スポーツセンターにおいても、冷房から暖房への切り替え準備、プールの換水作業も無事終了しました。 今回から上井草スポーツセンターに設置されている設備の概要をご説明させて頂きます。 今回は空調設備についてご説明します。 冷房時はガス冷温水発生機と体育館棟3階に設置されている冷却塔で冷水作り、暖房時はガス冷温水発生機で温水を作り、ポンプを使用して冷水・温水を体育館・小体育館・子供の広場・プール室など広い場所はエアハンドリングユニットへ送り、冷温水の流れている配管に外気と室内の空気を混合した空気をあて冷・温風を作り室内に送風して冷暖房を行っています。トレーニングジム・更衣室などは狭いエリアはファンコイルユニットに冷温水を送り、室内空気を配管にあて冷・温風を室内に吹き出し冷暖房を実施しております。ファンコイルを使用している部屋は外気を取入出来ないため換気設備を別途設けて新鮮外気を部屋内に取り込んでいます。温度・湿度調整は各場所にセンサーが取り付けられており、中央監視室で制御しています。 尚、中間期(冷房も暖房も必要ない期間)は冷温水発生機を停止し送風のみ行っています。今年の暖房開始は11月21日(水)を予定しています。
エアハンドリングユニット外観

エアハンドリングユニット外観

内部(中央に見えるのが加湿器)

内部(中央に見えるのが加湿器)

 維持管理責任者  野﨑幸男

 

<一覧へ戻る>