スタッフブログ

2015年11月17日:毎年恒例

皆さん、こんにちは。
上井草スポーツセンター FC東京の森元です。

 

朝晩がめっきり寒くなってきましたが、皆さまは体調お変わりありませんでしょうか?
早いもので、11月も半ばを過ぎ、今年も残すところ後1か月半です。

私は先日、毎年この時期の恒例行事として、インフルエンザの予防接種を行ってきました。
終わってしまえばなんてことはないんですが、毎回、針を刺される前の緊張感が好きになれません。
まー、誰だってさされるのが好きなんて人はいないと思うので、当たり前と言えば当たり前なのですが。

 
それと、もう一つの恒例行事として、次年度の手帳を購入しました。

写真①

今使っている手帳は、一度、他のものに変えた結果、やはりこれがいいと戻ってきた手帳で、
愛着もあり、また新たな気持ちでがんばろうといつも以上に丁寧に予定を書き込んでいます(笑)

 

さて、話は変わって、皆さまは上井草スポーツセンターで知的障がい児を対象としたサッカー教室を定期的に開催しているのをご存知でしょうか?
プレーしたくても、なかなかスポーツができる環境の少ない子ども達に、体を動かす楽しさ、仲間と一緒に活動する楽しさを感じてもらうことを目的に実施しております。
今年度、3回目、4回目の活動をそれぞれ、11月28日(土)と12月19日(土)に実施します。
一人でも多くの子ども達に参加していただき、少しずつ子ども達の活動の場を広げ、誰でも、自分に合ったスポーツを楽しめる環境をつくっていきたいと思っております。

写真②

写真③

皆さまも、こういった活動をご理解頂き、ご支援いただけると嬉しく思います。
一緒にスポーツを育てていきましょう。
また、12月には、毎年恒例となりました「サッカー・フットサル蹴り納め」を開催いたします。
年の瀬にサッカーを通して、多くの仲間と交流を図りましょう。
2015年最後のサッカーイベントになります。
皆さんのご参加をお待ちしております。

<一覧へ戻る>